デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

【トム・サックス】東京オペラシティの現代アートの展覧会『ティーセレモニー』に行ってきました!

こんにちは!

omnidesignと申します。

 

今日は、東京オペラシティで開催されていた、

「トム・サックス ティーセレモニー」展に行ってきたので、

その見どころと、トムサックスについてのお話です。

 

東京オペラシティアートギャラリー

f:id:omnidesign:20190620195516j:plain

京王新線、初台から歩いてすぐの、

東京オペラシティアートギャラリーにて開催されています。

(2019年6月23日までの開催)

 

まず、入ってすぐに先ほどの右の箇所にシアターがあり、

トムサックス自身が今回のテーマである「ティーセレモニー」を

自身の作品で体現している映像作品が見られます。

 

シアター内は撮影禁止とのことだったので、

ぜひまた展覧会があれば足を運んでみてください!

 

だいたい30分おきに映像がはじまるので、

先に展覧会を見るもよし、

先に映像から見るもよしです。

 

展覧会マップ

f:id:omnidesign:20190620200206j:plain

全体はこのようになっていて、

下から入ってきて、35番から見るようになっています。

(右の通路は侵入禁止で、一方通行でした)

3ー7番付近は看板と、警備員さんによって逆走しにくくなってます。

3ー7番は靴箱のような作品で、展覧会の趣旨としては、

先に見て欲しいのではないかな?とは思いましたが、

大人の事情かもしれません、、

 

外庭、中庭に別れています。

 

内部の作品

f:id:omnidesign:20190620201025j:plain

この展覧会のメインの茶室です。

この茶室で、ティーパーティーをするために、

トムサックスが客人を招き入れる作品群という位置付けです。

 

この4畳半の茶室は、意外にも日本の伝統的な茶室に作られており、

元茶道部の友人も「意外とちゃんとしてる」と言うほど。

f:id:omnidesign:20190620201205p:plain

内部には、帳台や床の間のようなしつらえがあり、

3代のカメラがコンクリートブロック?を模したようなオブジェを写していました。

モニターが別の位置にあり、リアルタイムに更新してるようです。

f:id:omnidesign:20190620201212p:plain

f:id:omnidesign:20190620201215p:plain

個人的に気に入ったのが、この飛行機のトイレ。

ボーイングの機内トイレを模しているようですが、

よくよく見るとハンドメイド感がすごい。

裏側も手作り感満載で、実際の機内の裏は見たことありませんが、

なんだかメカニカルでわくわくする作品でした。

 

現代アートが好きな方におすすめ!

f:id:omnidesign:20190620195516j:plain

いかがだったでしょうか。

特に映像作品についてはトムサックス本人による実演、

また展覧会の趣旨や思想が見えるので良かったです。

また展覧会があった際は

実際に体験してみてはいかがでしょうか?