デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

不調の『いきなりステーキ』に初めて行った感想と、行くのをためらってしまう理由3つ

今回は「いきなりステーキ」に初めて行ってみました。

 

最近「いきなりステーキ」が不調というニュースがありましたが、今回の来店でなんとなくわかる気がします。今回行くまでなんだかんだ行ったことがありませんでした。

近くになかったのと、値段が高いイメージがあったのでなかなか食べる機会をのがしていました。しかし、今回食べる機会があったので気軽に立ち寄りました。

 

 

理由1:店内システムに戸惑う

店内に入ると、カウンター席やソファ席がありました。なんとなく立ち食いステーキ屋のイメージがありましたが、最近はソファ席や椅子のある店舗も増えているみたいですね。僕はどっしり座ってゆっくり食べたい派なので、これはこれであり。

 

しかし、最初に戸惑ったのが注文の仕方。店員さんに説明を受けたものの、いざメニューを決める頃には忘れてしまいました。

 

お肉は店内のカット場へ、ライスなどのサイドメニューは机でオーダーするようです。ただ、僕はワイルドステーキを注文したので、カットはありませんでした。

また注文後は結局テーブルに運んでもらったので、いきなりステーキ感はあまりない注文の仕方をしてしまいました、、

 

最初にいきなりステーキに訪れると戸惑いそうなポイントです。

 

 

理由2:ボリューム満点すぎる

f:id:omnidesign:20190725213118j:plain

しばらくすると、カットされたワイルドステーキが到着。想像の3倍くらい肉厚でテンションが上がります!

 

 

結果から述べると、大盛りご飯とがっつりステーキで超お腹いっぱいになりました。久しぶりに食べられるかギリギリの量を食べました、、

想像よりステーキが大きくて満足な反面、ボリューム満点で予想外でした。

 

ただ、それが客足が遠のいている原因にもあるのではないかと思いました。

特に女性客や年配客には肉のボリュームがきついので、リピーターが離れていってしまっているのかもしれません。

 

理由3:手ごろとはいえ値段がやや高い

値段は300グラム税込1500円ほどでした。ステーキの質や量を考えれば妥当とは思いますが、それにしても普通のランチなどで気軽に食べるには高いと思います。

気軽に食べるなら牛丼のような肉料理もありますし、ファミレスに行けばステーキもそこそこ安く食べれられるので、その点でニーズのある人がある程度限られてしまっているのかもしれません。

 

 

ボリュームのあるステーキを頻繁に手軽に食べたい方向け

しかし、やはりそのボリュームからは考えられない安さかと思います。お肉も柔らかくて美味しかったです。

あと個人的には、ソースの種類やわさびなどトッピングがテーブルに豊富にあるので、味変しながら食べれるところが良いですね!

ボリューミーなので、味を変えながら飽きずにステーキを楽しめます。

 

量は多めなので、がっつり食べたい人向けです。いきなりステーキの方針としても、手軽にがっつりステーキを食べる、そういったライフスタイルをしたい方にはうってつけなステーキ屋です。

 

まとめ

いきなりステーキはボリュームのあるお肉を安く手頃に食べれるお店でした。

ぜひお肉をがっつり食べたくなったら、いきなりステーキでがっつり食べちゃいましょう!