デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

えっ、これもガラス!?--富山のガラス専門の美術館に行ってみた!【富山市ガラス美術館】

先日富山旅行に行ってきたんですが、

なかなか記事にまとめられずにいました。

今回から少しづつ記事にしていきますよ〜

(前回の直島の記事も途中で止まったまま笑)

 

今回は、富山県にあるガラス美術館にやってきました。

特徴としては、ガラス専門の美術館なんです!

さらに、あの隈研吾氏がデザインした建築で、

美しいガラスの展示会だけでなく、

建築そのものも見る価値ありです!

 

では早速美術館へと入っていきます!

富山駅から路面電車で移動

場所は新幹線などが乗り入れる富山駅から、

路面電車で数駅のところにあります。

路面電車に揺られながら待っていると、

目的地にあっという間に到着します。

 

ガラス美術館の建築がかっこいい!

降りるとすぐに、ガラス美術館が見えました!

f:id:omnidesign:20190824123736j:image

石とガラスを巧みに使ったファサードです。

意外にも、ガラス美術館だから全部ガラス張り、、

とかではありませんでした笑

 

内部には、美術館のほかに公共施設として図書館などもあるので、

光量はあまり必要でなかったためかと思います。

また、この後紹介する内装の見どころを作るためでもあると思います!

 

では早速内部へ。

 

f:id:omnidesign:20190824124041j:image
f:id:omnidesign:20190824124046j:image

入ってすぐはこんな感じ。

1階でチケットは購入するので、

この後展覧会を見る方はここで購入しましょう。

さらに奥のエレベーターを上がっていくと、、

f:id:omnidesign:20190824124233j:image

すごい抜け方のデザイン!

天窓から取った採光を、

洞窟のように各階へとやんわり広げていますね。

 

またこの大きな抜けが建築の広さをより感じ、

より人の賑わいも感じます。

 

上から見るとこんな感じ。

f:id:omnidesign:20190824124446j:image

ちょっと怖いくらいにすっぽり下の階まで見通せます!

気持ちのいい美術館ですね〜

うちの近くにもこのような施設が欲しいです笑

 

こんな感じで、建築そのものも見どころなので、

まずは隈研吾氏設計の建築をうろうろしてみましょう。

 

常設展のアートがすごい

このガラス美術館には常設展がふたつあります。

最上階の収蔵品エリアと、

収蔵品がたまに入れ替わる常設展エリアです。

 

また企画展ギャラリーがさらに3つもあり、

全部見るとかなりのボリュームになります!

 

そのため、滞在する時間は2時間以上持っておくとゆっくり観られると思いますよ。

 

今回は最上階の常設展をピックアップして紹介します。

 

最上階では、富山ガラス美術館ができた当初に、

ひとりのアーティストにお願いして作ってもらった作品が収蔵してあります。

これが、かなりのクオリティで思ってたより面白かったです笑

 

有名建築家の新しい美術館のために、

アーティストの気合いが入ったんでしょうか?笑

 

f:id:omnidesign:20190824125143j:image

 

最上階からギャラリーに入れます。

驚きの作品はこんな感じ!

f:id:omnidesign:20190824125314j:image
f:id:omnidesign:20190824125306j:image
f:id:omnidesign:20190824125320j:image

様々な形で鮮やかなアートたち、、

実はこれ全部ガラスなんです!!

 

ガラスってこんなこと出来るんだな、、

ガラスの可能性を感じました。

人の背の丈を超えるほどの大きい造形を、

ガラスそのもので支えているのにも感動しましたし、

なにより艶やかで色が鮮烈なアートが綺麗でした。

 

これが常設展であるクオリティなので、

企画展もかなり面白かったです。

しかも、ガラスにちなんだ展覧会なので、

ガラス一つとっても様々な表現があるのだと勉強になりました。

 

まとめ

富山のガラス美術館は建築もさることながら、

常設展やギャラリーの展示もとても面白かったです。

富山に訪れた際は、美術館好きの人は間違いなく訪れるべきスポットだと思います!

ぜひお立ち寄りくださいね〜