デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

オシャレな建築の中で、ステキなひと時。--東新宿のタリーズコーヒーに行ってみた

最近外が暑くてたまんないです、、

こういう時は、カフェで涼しみながら美味しいコーヒーを飲むのが幸せなひと時です。

そこで、今回は東新宿のタリーズに来ました!

 

東新宿駅直結のタリーズ

今回訪れたのは、東新宿駅直結にあるタリーズコーヒーです。

f:id:omnidesign:20190824155242j:image

この新宿イーストサイドスクエア内にある、

地図の中の5番の位置にあるのがタリーズコーヒーです。

見ての通り、左上が西新宿駅なのでとても近くに位置しています。

そのため、西新宿に行く前や待ち合わせ、帰る時の時間つぶしにちょうどいいと言えます。

 

オシャレな建築と公園

実はこのタリーズは地下一階で、一見窓がない暗い店内なのかな?

と思ってしまいますがご安心を。

f:id:omnidesign:20190824155536j:image
f:id:omnidesign:20190824155533j:image

このような、気持ちのよい建築空間の中にあります!

天窓がいくつも空いていてとても気持ちのいい空間です。

そして、その気持ちのいい天窓の吹き抜けの近くに、タリーズコーヒーはあります。

 

席から見える建築と樹木が落ち着く

店内からは、吹き抜けと緑が見えるので、

気持ちよくリラックスできる空間になっています。

f:id:omnidesign:20190824155751j:image

これだけ立地のいいカフェも珍しいかもしれません。

やや混んでいましたが、席が取れればゆっくりリラックスできます。

 

ちょっと建築や空間についての話が長くなってしまいました笑

次はコーヒーのお話です。

 

ふわっと香るアイスコーヒー

今回も、僕の好きなアイスコーヒーを注文しました。

トールサイズで380円と、

カフェチェーンにしてはお高めのコーヒーです。

f:id:omnidesign:20190824160013j:image

しかし、お味はなかなかのもので、

ドリップ感のある美味しいコーヒーです!

軽めで濃さはあまりありませんが、

香りがたっていて、ふわっとコーヒーが香るコーヒーです。

スッキリしていながらしっかりコーヒー豆感があるので、

満足できるアイスコーヒーだと思います。

 

リサイクルへの取り組み

最近ストローをなくしたりとか、

カップを紙製にしてプラスチックの使用量を減らそうという取り組みがカフェや飲食店で広まっています。

タリーズでは、ストローはあるものの、紙ナプキンに秘密がありました!

f:id:omnidesign:20190824160346j:image

下にあるように、国内工場で排出される豆皮(シルバースキン)を使用しているようです!

シルバースキンってあれです、豆から挽いた時にふわふわでてくる薄い皮のやつです。

おそらく、工事で排出される量はかなりの量だと思いますので、

それを紙ナプキンに混ぜてリサイクルしているのではないでしょうか。

 

なんとなくクラフト紙のような素朴な質感がでていて、

デザインの意匠的にもおしゃれなので、

再利用もできてとてもいい取り組みだと思いました。

コーヒー好きな人からすると、ちょっとにやっとするような仕掛けの紙ナプキンなので、記事でも触れてみました。

 

まとめ

今回は東新宿のタリーズコーヒーに行ってきましたが、

建築や公園が美しい中で飲むコーヒーはより美味しく感じました。

タリーズそのもののコーヒーのおいしさに加え、

紙ナプキンのようなリサイクルへの取り組みも評価したいと思います。

ぜひ東新宿に立ち寄った際は、このタリーズで休憩してみてはいかがでしょうか?