デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

【タイ】ドンムアン空港のフードコートは専用カードが便利!--安くて美味しいのでおすすめ!

こんにちは、オムニデザインです!

今マレーシアに旅行に来ているんですが、

旅行中って不安なことだらけですよね。

 

今回は途中でトランジットしたタイのドンムアン国際空港のフードコートついてのお話です。

 

f:id:omnidesign:20190828172239j:image

ドンムアン空港には、保安検査後のフロアのほかに、保安検査前のフロアに大きなフードコートがあります。

そこでは、タイの現地の料理や、日本の料理など国際色豊かないろいろな国のご飯が食べられます!

今回はそこでトランジット前にご飯を食べたので、旅行の参考にどうぞ!

(通常の乗り継ぎでは出国しないため、保安検査場内でしか移動できないので注意してください。)

 


まずは専用カードを入手

料理を食べる前に、フードコート専用のプリペイドカードを購入する必要があります。

カードを販売しているカウンターがあるので、そこでカードを作ります。

 


最低200バーツ(約700円)はチャージしないといけませんが、使わなかった分は帰り際カードをカウンターに返せば返金されるのでご安心を。

 


お金を渡せば交換してもらえるので、特に必要なものもありませんので気軽に利用できます。

カードの残高が足りなくなったら、またカウンターでチャージできます。

 

 

 

安くて広いフードコート

f:id:omnidesign:20190828172512j:image

フードコートでは、タイの料理をはじめ、日本食のラーメンや、台湾のタピオカなどが売っています。

しかも、値段もお手頃で数百円で一食分ほど食べられますし、ドリンクやスイーツ類も安くて美味しいです。

f:id:omnidesign:20190828172611j:image
f:id:omnidesign:20190828172606j:image
今回は、別々のお店でチキンライスとタピオカミルクティーを注文しました。

このようにフードコートなので、店舗をまたがって飲食できるのもメリットです。

 


チキンライスは日本円で300円ほどでしたが、美味しくてとてもお得なセットでした。

f:id:omnidesign:20190828172635j:image

お店の前にソース類が置いてあり、自由にとって良いみたいですが、タイのソース類はかなり辛いので注意が必要です。

僕は一度ソースを普通にかけてかなり辛くてびっくりしました笑

スプーンにちょっとついただけでも結構辛いので、辛いのが苦手な方は遠慮しておきましょう。

 


まとめ

今回はタイのドンムアン国際空港内のフードコートが安くて美味しいというお話でした。

カードの使い方も合わせて、参考になればと思います!