デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

【朝マック】マックグリドルは甘い?--塩味ソーセージとの相性は、、【カロリーは?】

こんにちは、オムニデザインです!

 

今回は朝マック限定のマックグリドルについてです。

朝マックといえば、安くて美味しいと評判ですよね。

 

朝マックのメニューは基本のソーセージマフィンだけでなく、

チキンクリスプマフィンや期間限定の月見マフィンなど

バラエティ豊かなラインナップがあります!

 

その中でも、マックグリドルソーセージというメニューが、

王道ではないもののクセになる味ということでハマる人が続出しています!

 

そこで今回は朝マックでマックグリドルソーセージを実際に食べてみて、

本当に美味しいのか、ハマる味なのかを検証していきます。

 

マックグリドルの特徴

f:id:omnidesign:20190919005358j:image

このマックグリドルの最大の特徴は、

甘いパンケーキでパティをサンドしていることです。

 

通常バンズやマフィンなどのプレーンなパンに対し、

マックグリドルはパンケーキにメープル風シロップを染み込ませた甘いパンになっているのが特徴です。

 

比較的歴史は浅く、2003年でアメリカで販売開始し、2007年に日本で販売されるようになりました。

f:id:omnidesign:20190919005502j:image

マックのメニューでは唯一、パンケーキの表面にマクドナルドのロゴが入っているバーガーです。

さらに、基本のソーセージに加えてチーズや卵、ベーコンを挟んだバージョンもあります。

 

 

マックグリドルのカロリー

マックグリドルのカロリーは公式ホームページによると、

420キロカロリーとなっています。

甘いパンケーキで挟んでいるのでかなりハイカロリー、かと思いきや、

ソーセージマフィンが395キロカロリーなので

意外にもカロリーは特別高いわけではないようです。

 

実際にマックグリドルを食べてみたところ、、

しかし、やはり食べてみないと美味しいかどうかはわからないもの。

そこで、朝マックの時間帯にマックグリドルを実食しました!

f:id:omnidesign:20190919005440j:image

マックグリドルのお味は、、

甘いパンケーキとしょっぱいソーセージが意外と合う!!

しかもめっちゃクセになる味です。

 

最初はこれは合わないんじゃないかな、、と不安いっぱいでしたが、

予想以上に甘さと塩見がベストマッチしていました。

 

例えるなら照り焼きチキンのような、甘さと塩見のバランスです。

お互いが主張しすぎないことでお互いのうまみを引き立てていると感じました。

 

さらに、甘いものを食べることでしっかりボリュームがアップしていて、

普通のマフィンでは物足りなく感じてしまうかも、、

 

これは定期的に食べたくなる味だ、、!

 

マックグリドルまとめ

実際にマックグリドルソーセージを食べてみたところ、

以外にもベストマッチな組み合わせが何度も食べたくなる味でした。

僕も今後は朝マックを食べる時はついつい注文してしまいそう。

変わり種のようで気がつけば僕らのスタンダードになりそうなハンバーガーでした!