デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

プラスチックストロー廃止の流れはスタバだけでなくローソンにも--フタから飲むコーヒーを実際に飲んでみた

 

近年プラスチック製ストローを使用しない飲食店が増えています。

そして今回は、ローソンのアイスコーヒーがストローを廃止しました。

 

僕はコーヒーが好きで、

家でもコーヒーを淹れたり、カフェによく通ったりしてます。

 

そして、コンビニのコーヒーもよく購入しています。

特に、ローソンのアイスコーヒーは香ばしく、

下手なカフェより美味しいコーヒーがたった100円から飲めます、、!

 

そんなローソンのアイスコーヒーですが、

この度プラスチックストローを廃止しました!(Sサイズのみ)

 

この脱プラスチックストローの流れは、

最近の各飲食店で見かけますね。

 

例えば、スターバックスコーヒーが試験的にストローを廃止したり、

すかいらーくグループがドリンクバーのストローの提供をやめたりと、

企業努力により使い捨てプラスチックの使用削減の動きがあります。

 

そして今回、ローソンもその流れに乗って廃止したという流れですね。

そして今回そのアイスコーヒーを実際に買って、

「使いにくくないのか?」

「コーヒーのおいしさには影響しないのか?」

というところを検証していきたいと思います。

 

ローソンで実際に買ってみました

いつものように、ローソンでアイスコーヒーにSサイズを注文します。

ローソンでは、レジ奥にコーヒーを抽出する機械があり、

定員さんに手渡しでコーヒーをいただけます。

最近では、場所によってはセルフ式のものも導入しているようです。

そして、実際の容器がこちら!

f:id:omnidesign:20190614211745j:plain

思ってたよりおしゃれ!!

爽やかなブルーの色合いと、

筆記体で入った"ice"の文字がいい感じ。

 

カップは紙製でできていて、

フタのみプラスチックでできています。

そして、どうやって飲むかというと、

f:id:omnidesign:20190614211915j:plain

f:id:omnidesign:20190614212039j:plain

このようにふたを開けて、直接口をつけて飲みます。

ホットコーヒーのような形ですね。

 

スターバックスでも同じ動き

このような形状は、

スターバックスで試験的に使用されたものに似てますね。

↓このような容器

f:id:omnidesign:20190614212947p:plain

去年12月ごろ筆者撮影

スターバックスはカップの部分もプラスチックですが、

ローソンはカップは紙製にすることで、

よりプラスチックを使わないようにしています。

 

スターバックのものはコーヒーの透明感や、

氷の透ける爽やかさを感じさせるため透明から変更することはなさそう。

売り上げに直結しそうですものね、スタバの場合。

 

 

 

そこまで飲みにくさはない

話は戻り、

ローソンの脱ストローコーヒーを実際に飲んでみると、、

f:id:omnidesign:20190614213611j:plain

思ってたよりは飲みやすい!

特にフタとカップの間から漏れるとかもなく、

口当たりも悪くなく使いにくくはない印象です。

 

強いて言えば、

少し味が薄く感じるかも?

ストローと比べて口先から味わうので、

やや味わいがマイルドに感じました。

 

また紙製のカップがふやけてきやすいので長時間の使用には向いていなそうです。

また車の中など揺れる場面ではかなり飲みにくいとは思います。

その場合はMサイズ以上を購入するべきですね。

 

フタによってそこまで不自由はない 

個人的には、前のカップの方が好みでしたが、

こちらの新カップも抵抗はそこまで感じませんでした。

 

現在はSサイズのみこのカップでの提供になりますが、

順次他のサイズもこのカップになるかもしれませんね。

 

ローソンのアイスコーヒーは美味しさかわらずおすすめなので、

新カップとともに飲んでみてくださいね。

 

f:id:omnidesign:20190614214053j:plain

レインフォレストアライアンス認証農園産のみを使用

 

合わせて読みたい記事

 

www.omnidesign-blog.com

www.omnidesign-blog.com

www.omnidesign-blog.com