デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

新型MacBook Pro16インチが発売!--不評だったキーボードは改善されたの?【Apple Store新宿で実機レビュー】

先日、MacBook Pro16インチが発表されました。

3年ぶりのデザイン変更で、15インチから16インチへとサイズアップしただけでなく、不評だったキーボードの深さが改善されました。

今回は実際に新宿のApple Storeで触ってみましたので、MacBook Pro16インチの新しいキーボードなどについて記事にしたいと思います!

 

新しいMacBook Pro16インチ

f:id:omnidesign:20191124175210j:image

今回発表されたMacBook Pro16インチは、従来の15インチと何が違うんでしょうか。

まずは15インチから16インチへと画面が大きくなりました。しかし、ベゼルは今までより小さくすることでサイズは大きく変わらず、画面を大きくすることができました。

実際に触ってみると、今までの15インチよりほんの少し大きく、やや重くなりました。

 

 

一新されたキーボード

f:id:omnidesign:20191124175207j:image

またキーボードが新しくなり、今までの浅いキータッチから深めに変わりました。実際に触ったところ、USB-C搭載前のMacBook AirやProのようなキーボードに近くなった印象です。

 

1mmほどキーボードが沈むのでタイピングが気持ち良く、またキーボードの音がかなり静かになりました。従来のパタパタとした高い音から、カタカタとしたやや低くて静かな音に変わりました。カフェなどでMacBookを使った際にキーボード音がうるさくて気まずい思いをすることは減りそうです。

 

また一部キーの配列が変わりました。十字キーはUSB-C以前の逆T字型になり、またESCキーが復活しました。小さな点ではタッチバー横のTouch IDボタンがタッチバーから独立しました。そしてトラックパッドかやや大きくなったように感じます。

 

 

新しいMacBook Pro16インチは今後のスタンダードになるか

今回一新されたベゼルの小ささや新しいキーボードは今後のMacBookシリーズのスタンダードになるのではないかと予想できます。MacBook Pro13インチのキーボードも変更されれば、よりMacBookユーザーが増える可能性も大いにありそうです。