デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

【解説あり】ピカールで傷だらけの時計を磨いてみたら、、、

先日ご紹介したイッセイミヤケの"TWELVE"。

www.omnidesign-blog.com

 実は中古で購入したんですが、ケースの細かなキズが気になっていました。

なので今回はステンレスの時計をピカールで磨いてみます!

 

注意:自己流のため、時計を傷つけてしまう可能性があります。

   お試しの際は自己責任でお願いします。

磨くために使った材料

f:id:omnidesign:20190711213512j:plain

f:id:omnidesign:20190711213516j:plain

まずは今回使用した材料ですが、

  • ピカール金属みがき
  • 100均のレンズクリーナー
  • 綿棒
  • ティッシュ

を使用しました。

 

ピカールはアマゾンで700円ほどで購入できます。

他は家にあるもので構いませんよ。

磨いていく手順

バンドを取り外す

まずは作業の際バンドを汚さないように、バンドを取り外します。

f:id:omnidesign:20190711214136j:plain

この時計は革のバンドをスクリュー式の裏蓋で留めてあるので、

一つ目の裏蓋を外し時計本体とバンドを別々にします。

アマゾンでスクリュー式の裏蓋を外す工具があるので、それを使うと簡単に外せます。

 

ちなみに2つ目のスクリューは電池交換の際にはずすものですので、今回はそのままにします。

 

ガラス面をマスキング

次に時計のガラスを傷つけないためにガラス面全体をマスキングしていきます。

どんな方法でも構いませんが、僕のおすすめは、

 

 1:まず初めに全体にマスキングテープを貼る

f:id:omnidesign:20190711214721j:plain

端っこは切り落とすので適当で構いません。

ガラス面とケースの間がしっかり隙間なくマスキングできているかチェック。

 

2:ガラス面とケースの隙間にカッターで軽く切れ目を入れていく

f:id:omnidesign:20190711215104j:plain

この時、ケースをカッターで傷つけないように注意してください。

ガラス面とケースの間の溝に入れていけば跡が残りません。

 

この角度だと、蓄積されたケースの細かいキズがよく分かります。

 

3:全体に切り込みを入れ、余分なマスキングを取り外す

f:id:omnidesign:20190711215421j:plain

かなり綺麗にマスキングできました!

特にこの時計は12角形にマスキングする必要があるため、マスキングするのが難しいです。

 

しかし、先に全体にマスキングテープを貼ってから余分なところを切り落とすと綺麗に貼れます。

これは他の工作の際にも使えますよ。

ただし、その際も本体をカッターで傷つけないように注意してください。

 

本体を磨いていく

f:id:omnidesign:20190711220139j:plain

ピカールを振ってから蓋を開け、適量レンズクリーナーにつけます。

レンズクリーナーはガラス面を拭く目の細かい滑らかなものならなんでも大丈夫です。

 

試しに側面を磨いていくと、、

f:id:omnidesign:20190711220422j:plain

少しずつ輝きを取り戻してきました!

大きな傷はなかなか消えないものの、細かい傷はピカールのみでもおおかた無くなります。

白っぽかったステンレスに、コントラストのある力強い輝きがでてきました。 

f:id:omnidesign:20190711220839j:plain

同じようにケースのおもて面も削っていきますが、

綿棒にピカールをつけて削ると狭い部分も磨きやすくなります。

 

ここが結構難しくなかなか磨けないので根気よく磨きます。

 

なんだか楽しくなってきてずっと磨いていたら、

気がついたら1時間半くらい経ってました。

美大では、ただひたすら一日中やすりがけ、、なんてこともあるので意外とあっという間でした笑

 

マスキングをはがす

f:id:omnidesign:20190711221545j:plain

こんな感じで作業していました。ステンレスを磨くと黒い削りくずがでてきます。

ペットボトルのキャップなどにピカールを移してから作業するといいかも。

f:id:omnidesign:20190711221803j:plain

そして、最後にガラス面に貼ったマスキングを剥がしていくと、、

 

ピカールで磨いた結果

f:id:omnidesign:20190711225815p:plain

 

このようになりました!!

かなり綺麗になったのでは?

写真だとわかりにくい部分もあるかもしれませんが、

ツヤが増し、鏡面反射に深みが増したように感じます。

 

まとめ

f:id:omnidesign:20190711222459j:plain

ピカールを使ってステンレスの時計を磨いていくと、

細かい傷が消え輝きが増すことがわかりました!

 

メーカー保証等受けられなく可能性もあるので、

もし試される場合は自己責任でお願いします。

 

ピカールのAmazon.co.jpリンクはこちら!

 

ピカール液 液状金属みがき 180g

ピカール液 液状金属みがき 180g

 

 

 

ピカールケアー 150G

ピカールケアー 150G

 

 

 

 

この時計が気になった方はこちらの記事もどうぞ!

 

www.omnidesign-blog.com

f:id:omnidesign:20190711225850p:plain