デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

【Swatch スウォッチ】電池交換が必須!?--腕時計として難ありだけど人気のおしゃれブランド【メンズ】

先日こちらの記事でも腕時計を紹介しました。
www.omnidesign-blog.com

やはり腕時計には何本も持ちたくなる魅力があり、

今回紹介するSwatchもその中の一本です。

スイス製で独創的なデザインが魅力ですが、

実は結構実用性に問題が、、

 

今回はそんなSwatchの腕時計のご紹介です。

SWATCHとは?

f:id:omnidesign:20190712204421j:plain

SWATCHはスイスの時計メーカーで、

スイス製でおしゃれなデザインの時計を販売しているブランドです。

 

特にメインの時計は、今回のようなドーム状のプラスチックカバーのある近未来的なモデルが多く、

カラフルなものや、アパレルブランドとのコラボモデルなどラインナップの豊富さが身魅力的です。

 

値段もお手頃で、1万円アンダーで手に入る時計となっています。

独創的なデザインが魅力

この時計の最大の魅力はスウォッチ独特のデザインです。

カラフルな時計のパーツが見えるようなデザインとなっています。

(カラフルなパーツはダミーで特に動きません。)

 

黒いケース本体に浮かぶカラフルでメカニカルな部品が、

宇宙の惑星のような神秘さを感じさせますよね。

 

プラスチックのパーツが多いため、チープと言えばチープですが、

カジュアルな時計の中では上品さも兼ね備えていると思います。

 

おしゃれなチープカシオ的な存在でしょうか。

f:id:omnidesign:20190712205322j:plain

せり出た滑らかな曲面のプラスチックカバーがアクセントです。

さらに本体やバンドがプラスチックのため、

軽くて薄く、身軽な点や汗にも強い点も魅力です。

 

残念なところ

そんな独創的なスウォッチですが、

その変わったデザインのせいか実用性の面でいくつか問題があります、、

時計の針の音が大きい

まず最初にこの時計、気密度が低いのか時計の針の音がそこそこうるさいです。

静かな場所だと結構響くので、寝室などには置くべきではないです。

 

置き時計のうるさいものほどではないにしろ、ちょっと勿体無い点かと思います。

前面のプラスチックケースが傷つきやすい

通常時計の前面の透明な保護カバーには、ガラス製が多いかと思いますが、

SWATCHのプラスチック製時計の多くは前面がプラスチック製なので、

細かい傷が入りやすいです。

 

最初のツヤツヤの状態ならいいのですが、あまりにも傷が増えると悲しい気持ちになります。

電池が切れるのが早い

電池が比較的よく切れます。

他の電池式時計と比べると、やや短いスパンで電池交換が必要になるかもしれません。

ただ他の時計と比べるとコインがあれば工具がなくても裏蓋が開くので、

電池の交換はしやすいつくりになっています。

 

こう並べると、

うーん微妙な時計なのかな?とは思ってしまいますが基本的にはいい時計です笑

 

ちょっとクセのある部分もあるので、

自分のこだわるポイントと折り合いがつけば良いと思います。

 

実用性に難ありだけどスウォッチにしかないデザイン

f:id:omnidesign:20190712210534j:plain

SWATCHの時計はデザイン性が高くおしゃれなデザインに加え、

また軽量さが魅力です。

 

しかし、針の音が大きかったり、傷が入りやすかったり、

電池が切れやすかったりと欠点も多い時計であるとは思います。

 

ブランドとのコラボのモデルや、

特別な一本の場合はSWATCHそのものの独創的なデザインが魅力的なので、

そういった際にはファッションとして楽しむための時計として

割り切って購入するといいかもしれませんね。