デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

初代Apple Watchを4年半も使っている僕が思う、新型がいらない人の特徴5選

こんにちは、オムニデザインです!

毎年新型が出る話題のアップルウォッチですが、僕は今だに4年半も初代アップルウォッチを使っています。

発売日前に予約し、発売日の翌日には腕に付けて愛用していたアップルウォッチですが、なぜ新型に買い換えないのかをまとめたいと思います。以下はだいたい自分の特徴と当てはまりました。

 

 

1:初代と新型のApple Watchの差がピンとこない人

まず一つ目に初代でも十分ハイスペックで、僕がその全ての機能を使い切れていません。アップルウォッチの最大のメリットは「スマホを見なくていい」ことなので、それ以上の機能をそもそも求めてません。

そのためギークな人でない限り、わざわざスマホでできることを手首の小さい画面に置き換える利便性はありません。

 

f:id:omnidesign:20191204191103j:plain

2:その日のファッションで時計は毎日付け替えたい人

またファッションとして時計を付け替える人にも新型は向いていません。アップルウォッチは毎日手首につけることを前提とした機能が多いです。そのため、他の時計に変えづらくなります。(つまり付け続ける必要があります)

もちろん、アップルウォッチは液晶面の盤面が変えられますし、バンドも公式のものからサードパーティ製まで幅広くあります。

しかし、根本的にアナログな時計が恋しくなった時、どちらかの居場所がなくなってしまいます。

 

3:スポーツ関連の機能が必要ない人

アップルウォッチには高機能なスポーツ系の機能があります。もし毎日普段から利用しない人でも、定期的にスポーツ中に使う場合はデバイスの必要性が高まりますが、そうでない人はアップルウォッチの機能を持て余す可能性が高いです。

 

f:id:omnidesign:20191204191052j:plain

4:デザインが気に入ってるから欲しい人

ウェアラブル端末やスマートウォッチなどが出てからしばらく経ちましたが、基本的な時計の形は変わらないので、ファッションとして斬新さを求めるなら新型も旧型もあまり見た目には差がありません

そのためわざわざ価格の高い新型でなくてもいいと思います。

 

f:id:omnidesign:20191204191049j:plain

5:マメな連絡や管理が苦手な人

 

Apple Watchには毎日LINEやメールなどの通知が来ます。それを手首ですぐチェックしたい人にはうってつけですが、 あまり頻繁に通知を見たくない人はストレスに感じます

 

僕を含め上のような人は新型Apple Watchは必要ない

f:id:omnidesign:20191204191516j:image

上の特徴は僕にほぼ当てはまります。実際に4年半毎日は付けておらず、気がむいた時にファッション感覚でアナログ腕時計の代わりとして身につけています。

たまに使用する分には、防水機能もしっかりしており、なんとなく気分が変わった時にはベストです。ただ、本来のウェアラブルデバイスの良さが生かせるような使い方はできていません。

 

また正直初代アップルウォッチは世代が古いだけあってデジタル面の動作がかなりもっさりしていますし、もはやOSアップデートも今後ありません。

それでも、僕は愛着があるこの時計をずっと使っていきたいし、いつまで壊れずに使えるかも楽しみです。