デザインしない暮らし。

暮らしをデザインしない、常識にとらわれない生き方を求める美大生のブログです。

"デザイン"と"見た目"は全く違うということ。

こんにちは、オムニデザインです。

今日はいつもとは違う記事の始まり方になります。

今回はデザインについてのお話で、少々長くなっています。

また一個人の意見ですので、軽い気持ちでご覧ください笑

 

 

"デザイン"と"見た目"

f:id:omnidesign:20190910184234p:plain

これはよく言われるデザインの問題ですが、

"デザイン"と"見た目"は全く異なるものだということ。

 

一般的なデザインの認識が、見た目というガワの存在でしかないということです。

さらに言えば、デザインを外側でしかないと決めつけることで、

自分とは関係のない高貴なものだとして捉えるのも間違いだと思います。

 

一般的な意見において、デザインとは見た目です。

逆に言えば、デザイナーは見た目をきれいにする仕事だと思われている。

 

それは100%間違いではないが、デザイナーは見た目だけの仕事を嫌います。

あくまでデザインは機能や問題解決の先に、プロセスの先にあった解決策としてデザインという見た目に現れる実際の物量感があるというだけです。

デザインはいわばコミュニケーションのようなものであり、

デザインそのものに形はありません。

コミュニケーションの先に現れるものは、その手段でしかないんです。

 

なので、デザイナーは見た目そのものよりもプロセスを重視します。

見た目はプロセスの結果だからです。

 

プロセスがあってデザインがある

見た目がデザインでないというのは、プロセスが必要だからです。

脈絡のないデザインは陳腐で見た目だけの形でしかないということ。

 

なぜそのデザインが必要なのか?

なぜそのデザインなのか?

 

デザインする文脈を吟味することが、デザイナーの仕事です。

もっといえば、デザインした後の文脈もデザイナーの仕事です。

 

つまり、なぜデザインするのか、

そしてそのデザインが元にあった問題を解決しているかどうか。

この2つがデザイン行為の核で、シンプルな問いです。

 

この中において、"見た目"は解決するために使った道具でしかありません。

いくら見た目が良くても、使いにくい、分かりにくいものはデザインではありません。

さらに何も感じないデザインはもっと良くありません。

それは、非デザイナーでもはっきりと良くないと主張すべきです。

 

デザインは高貴でもなんでもありません。

デザイナーは私たちが思う以上に多く、

よいデザインと悪いデザインが混在しているのがこの現代です。

 

学生として思うこと

とはいえ、僕もイチ学生でしかないので、持論でしかありません。

デザイナーさんによっては全く異なることを言っている場合もあります。

 

ただ、やはり学生として思うことはデザインに盲目であるということ。

 

漠然と、「デザインがよさそうだからいいものだろう」

という予想は危険だということです。

 

この場合のデザインは見た目です。

先ほど申したように、見た目がプロセスを伴っていないデザインは数多くあります。

つまり、なんとなくそのかたちにデザインしたものです。

 

それらのものは、おおかた適当に作られている場合が多いので、

簡単に信用してはいけません。

 

例えるなら、ビシッとスーツで決めたイケメン営業マンのようです。

いくら清潔感がある営業マンだからと、必ずこちらに得になる保証はありません。

見た目はいわば判断材料の一つでしかないんです。

 

そのため、悪いデザインはあの手この手で"それっぽく"デザインします。

それっぽいデザインは見た目だけ取り繕っているので、中身はスカスカです。

 

木目調の家具なのに、やたら安いものありますよね?

もちろん表面がプラスチックならなんとなくこれ木じゃないな、と分かります。

しかし、表面は無垢なのに、中身が空洞だったらどうでしょうか?
無垢なのに安い!と購入したくなりますよね。

 

最近のインテリアが安いのはほぼそのためです。

表面だけ本物の無垢材を薄く貼ることで、いかにも全体が無垢でできたかのように見えます。

 

ただ、これらを悪いデザインと呼ぶ気はなくて、世の中にはそういった準本物のような擬態したデザインもあるということです。

それらを知っているかどうかでも、あなたがデザインを選ぶ見方は変わるはずです。

 

まとめ

デザインと見た目は異なるものです。

デザインというコミュニケーションの過程の中で、

表面上形として生まれたのが見た目です。

現代にあふれるデザインの中で、良質なものを見分けるには、

デザインのプロセスに注目する必要があります。

 

今日この記事をよんだあなたは、視界に入るデザインをもう一度よく見てみてください。

それが本当にに丁寧デザインされているかどうかはすぐに分かるかもしれませんよ!